勤めている最中に、何かしらのトラブルに巻き込まれる事が一度はあると思いますが、もっとも気をつけておきたいのがこの「クレーム」です。

どういったことに気をつければいいのか

クレームと言うとお客様が悪いというイメージになりがちですが、こちら側もそういった事態が発生しないようにできるだけ配慮を持って仕事をする必要があるのです。

では、例えばどういったことに気をつければいいのか。

お客様からのクレームとして挙げられる主な原因の一つは接客態度にあります。

その中でも特に多いのが失言です。

ちょっとした言葉の行き違い、あるいは不用意な発言が出てしまうと、その一言でお客様は怒り心頭になってしまうこともあるのです。

特にお酒を飲んでおられるわけですから、お客様によっては激昂されることもあるものです。

そういったことが起きるかもしれない、ということをしっかりと念頭において、不用意な発言が出てしまわないように気をつけるのが一番の対処法なのではないでしょうか。


お客様にはできるだけ公平な態度で

他に気をつけておきたいのは、あからさまに接客態度が違うというパターン。

自分のお客様が何組か店内におられるときに接客態度がそれぞれ違っていると、差別されていると捉えられることも。

お客様にはできるだけ公平な態度で、一貫した接客を行うのがベターです。